飼い主と赤ちゃんの命を救った愛犬

出版元 04/26/2021
広告

ペットの飼い主の多くは彼らが人間が気づかないことを察知して知らせてくれることがあると言います。ペットは飼い主に何か異常があるときに本能的にそれを感じるのです。いわゆるシックスセンスを持ち備えていると言われ潜在的な危険に備えているのです。これはあるアメリカに住む女性、アルハンナ・バトラーと愛犬のケオラに起きた実話です。アルハンナと婚約者リッキーは、彼女の妊娠に喜び生まれてくる赤ちゃんを待ち望んでいました。しかし、妊娠4か月目の頃、愛犬ケオラは、アルハンナの大きくなってきたお腹を引っ掻いたりわけもなくうめき始めたりと何か奇妙な振る舞いをするようになったのです。

新しい命

アルハンナとリッキーは出会った瞬間に恋に落ち一緒になりました。子どもを欲しがった二人はある日病院から妊娠したといういい知らせをもらいました。アルハンナは妊娠する前、将来生まれてくる赤ちゃんの世話を一緒にできる小型犬を飼いたいと思い、二人は子犬をペットとして迎え入れケオラと名づけました。

愛犬のケオラがアルハンナの妊娠に気づくまでにそれほど時間はかかりませんでした。ケオラはアルハンナの腹を最初に見たときから、興奮状態になりました。ケオラはいつでも人懐っこく賢い子犬でした。二人は妊娠を察知したケオラがいっそう優しくなるのではと思っていました。ケオラは常に飼い主のアルハンナのそばを離れず新しく家族が増えることを感じ取っていました。町に散歩に行く代わりにほとんどの夜をアルハンナと共にソファで過ごし、ケオラは日に日に大きくなっていくアルハンナのお腹の上に頭をよく乗せていました。しかしある日、ケオラの行動が突然変わったのです。

新しい家族の誕生

新しい命

ケオラの妙な行動とは

普段平和で穏やかだった子犬のケオラは突然まったく理解のできない行動をし始めました。アルハンナの大きくなったお腹にケオラはうめき声を上げ長い時間アルハンナの大きなお腹を引っ掻き始めるようになりました。また何かを見せようとしているかのように、鼻をアルハンナの胃の部分に突き刺そうとするような仕草をし始めたのです。しかし当初、二人は愛犬の妙な行動の理由が全くわかりませんでした。この時点では、二人には知る由もありませんでしたがケオラは彼らに何か重要なことを伝えようとしていたのです。

ケオラの妙な行動

ケオラの妙な行動とは

順調な妊娠生活のはずが

アルハンナはつわりがなかったことあり妊娠期間を彼女なりに楽しみました。アルハンナとリッキーは、産まれてくる赤ちゃんに会う日を切望していました。彼らは両親になり、ゆくゆくはもっと家族を増やしたいと考えていました。アルハンナの妊娠期間はこのままそよ風のように穏やかに過ぎゆくと思われました。しかしケオラはアルハンナの大きなお腹の周りで奇妙な行動をし続け、彼女のお腹を強く押すこともありました。二人はそれをただの犬の本能的行動だと思っていましたが、次第にケオラの奇妙な行動を恐れ始め、彼らが自分達に何かメッセージを伝えようとしているのではないかと考え始めました。

順調な妊娠生活

順調な妊娠生活のはずが

急激な腰の痛み

妊娠16週間目に差し掛かったときアルハンナは腰にこれまでにはなかった強い痛みを感じ始めたのです。その痛みは想像を絶し、歩くことも話すこともできませんでした。この突然の痛みに、彼女は困惑しました。お腹の中の赤ちゃんは大丈夫なのか、二人は赤ちゃんに会うことができるのかとても不安になりました。リッキーはアルハンナをすぐに最寄りの病院に送りました。二人はこの痛みの原因を突き止めなければなりませんでした。

急激な痛み

急激な腰の痛み

健診結果

リッキーは検査結果を待っている間アルハンナと赤ちゃんが心配で気が気ではありませんでした。二人は不安で押しつぶされそうでしたが担当した医師はアルハンナと赤ちゃんは共に健康で、何も異常は見つからなかったと告げました。そしてストレスは赤ちゃんの成長に悪影響を与える可能性があるため、できるだけ心身ともにリラックスして適度に休むべきだとアドバイスしました。この言葉に彼らは一安心し家路へとつきましたが、そこにはまだ彼らを悩ませる問題が残っていました。

病院で

健診結果

極度の疲労と耐えがたい痛み

彼らが家に帰ってまず愛犬のケオラを抱きしめました。まだアルハンナの腰には激しい痛みがありましたが、医師の言葉を信じこのまま静かに赤ちゃんの誕生を待つことに決めました。帰宅すると、アルハンナはベッドに横になり腰の激痛をやわらげようと試みました。その痛みは、彼女がそれまでに感じたことのないような耐え難いものだったのです。

極度の疲労

極度の疲労と耐えがたい痛み

フェイスブック

翌日アルハンナは、フェイスブックに友人や家族に向けて新しいポストを投稿しました。彼らを安心させるために現状に何が起こっているのかを伝えました。激しい腰痛の症状は続いているけど、妊娠自体に影響は及んでおらず赤ちゃん共に心身健康であると、彼女の医者が告げた内容を報告しました。それに加えここ数週間のケオラの奇妙な行動についても書きました。この投稿を見た彼女の友人や家族はすぐに応援のコメントを寄せましたが、そのうちの多くはケオラの奇妙な行動についてケオラの本能を信じて、医師の元に戻るようにとアドバイスを送りました。

フェイスブックにて

フェイスブック

ケオラの行動の理由

ケオラは大きくなったお腹を抱えるアルハンナに対して、一体何を伝えようとしていたのでしょうか?犬が起こす全ての行動には必ず動機があるといいます。当時のアルハンナは、ケオラの行動に対してどう対応すればいいか分かりませんでした。彼女の医者の言葉を無視したくありませんでしたがその後も彼女の痛みは消えませんでした。きっとケオラは本当に何かを伝えようとしているのだ、と思い始めました。

ケオラが伝えたかったこと

ケオラの行動の理由

アルハンナの母親の助言

ほとんどのアルハンナの知人が医者の元を再度訪れるべきだといい、中には、犬は人間にわからないことを感じることができるという人もいました。

一向にして気分が優れないアルハンナにセカンド・オピニオンを求めるように強く助言したのは彼女の母親でした。彼女の母親は動物の持つ本能や直感が人間のそれの何十倍も優れており、人間は動物に耳を傾けるべきだと信じていたため、ケオラの行動が偶然ではないことを確信していました。

アルハンナの母親

アルハンナの母親の助言

アルハンナを止めたケオラ

翌朝、アルハンナは依然続く腰痛と共に目を覚ましましたが出勤の準備をしました。アルハンナが家を出ようとしたとき、そこにケオラが立ちはだかりました。ケオラは彼女の周りから離れようとせず警告するように鳴き続けました。ケオラが何を訴えているのか彼女には明確には分かりませんでした。その時突然、糸が切れたようにアルハンナはその場に倒れ込みました。その大きな音を聞いたリッキーが駆けつけ、アルハンナをすぐに緊急治療室に連れて行きました。

アルハンナの行動を阻止したケオラ

アルハンナを止めたケオラ

緊急治療室に搬送されたアルハンナ

運び込まれた緊急治療室で、アルハンナは意識を取り戻しました。そして彼女は自分の身に起きていた症状を担当医師に詳しく説明しました。担当医師は、彼女の体を徹底的に検査し一連のテストを行いました。何か身体に深刻な問題があるのか、それとも単に妊娠のストレスからなのでしょうか。みんな医師からの検査結果を辛抱強く待っていました。結果的に愛犬ケオラの行動には重要な理由があったことが明らかになりました。一連のテストの結果、非常に悪いニュースが彼らに伝えられたのです。

緊急治療室にて

緊急治療室に搬送されたアルハンナ

腎臓感染症

一連のテストの後、彼女の担当医者は、アルハンナが非常にまれな二重腎感染症という病気を患わっていることを伝えました。さらに、彼女のバイタルサインは非常に悪く病院へ搬送されるのがもう一歩遅かったなら、アルハンナと彼女の赤ちゃんは助からなかったというのです。彼女は自分の生命と、お腹にいる赤ちゃんの生命の行方について、ひどく恐れ始めました。

腎臓感染症

腎臓感染症

極度の不安と共に

担当医師は、彼女に抗生物質による治療を処方しさらなる腎障害を避けるため必要なケアを施しました。アルハンナは彼女の容態が安定していくのを感じましたが、子供を失うかもと大きな不安を感じていました。彼女にできることはすべてがうまくいきますようにと祈ることのみでした。

極度の不安

極度の不安と共に

治療が成功

治療の間、担当医者はアルハンナ自身と彼女のお腹に宿る赤ちゃんを注意深く監視しました。そして幸い、これらのケアと治療はうまくいき、アルハンナは腎臓感染症を克服し、彼女とお腹の赤ちゃんは共に健康になりました。予想もせず彼女にとって妊娠は非常に長く疲れるものでしたが、誰もが新しい家族を待ち望んでいました。

治療の成功

治療が成功

待望の赤ちゃんの誕生

アルハンナは合併症とストレスに悩まされた長い妊娠期間を乗り越え、2015年11月に待望の赤ちゃんを産みました。アルハンナとリッキーは、生まれてきた小さな男の子をリンカーンと名付けました。待望の第一子の誕生に、夫婦は感極まる思いでした。誕生までに母親のアルハンナが深刻な健康危機に直面したにもかかわらずリンカーンは健康な状態で生まれてきました!夫婦にとってこれ以上の喜びと安堵はありません。彼らは愛犬ケオラにとても感謝していました。そしていまついにベイビーリンカーンと愛犬ケオラが感動の対面を果たしました。

待望の赤ちゃん

待望の赤ちゃんの誕生

帰宅

リンカーンは産まれた後病院で数日間を過ごしました。夫婦はついに、彼らの息子を家に連れて帰り、そこで帰宅を待つケオラに紹介する時が来ました。ケオラの奇妙な振る舞いや、何週間もの間アルハンナに対して何かを伝えようとしていた姿がまるで昨日の事のように目に浮かびました。アルハンナはケオラに大きな愛情を持っていましたが、出産を終えた自分と、新しい家族の赤ちゃんに対して好意を抱いてくれるか、少し不安に思っていました。

退院して

帰宅

ケオラ、リンカーンに会う

アルハンナとリッキーは、新しい家族の赤ちゃんと共に帰宅しました。大変な時期を乗り越えてようやく家族皆で会えたことに、みんな幸せを感じていました。愛犬ケオラは飼い主の二人が、新しい弟とも言える存在を連れてきたことにすぐに気が付き、アルハンナとリッキーが期待したように、ケオラはすぐにリンカーンのそばへと近づきました。ケオラはリンカーンをひと目見た瞬間から、この小さな弟に非常に強い愛情を示し、一時も彼の側から離れませんでした。まるでケオラは昔からリンカーンのことを知っていたかのようでした。

リンカーンとケオらケオラ、リンカーンに会う/caption]

リンカーンとケオラ

リンカーンをひと目見た瞬間からケオラが大きな愛情を示したとき、二人はとても安心しましたが驚きはしませんでした。リンカーンを家に連れ帰ってきたその瞬間から、ケオラは彼のベッドの側から文字通り身動きしませんでした。昼寝のときも食事のときも、寝室のおもちゃで遊んだりしているときでも、ケオラはいつでも彼のそばから離れませんでした。ケオラは小さなリンカーンの親友でした。いつも自分の存在を見守っていてくれるケオラの存在は、赤ちゃんにとって何よりも心強かったことでしょう。

リンカーンが大好きなケオラ

リンカーンとケオラ

リンカーンへのあふれる愛情

リンカーンへの愛情がとまらないケオラでしたが、彼らの体格がとても違ったため誰もがケオラがリンカーンを誤って傷つけるのではないかと心配していました。しかし、ケオラは常にリンカーンを傷つけないようとても優しく接していました。ケオラは、一部の動物が持っていると言われるシックスセンスを実に鋭く備えているようです!ケオラの大きな優しい心はこの写真からも一目瞭然です。ケオラは、赤ちゃんのリンカーンを感動と喜びを持って暖かく家庭に迎え入れたのです。

あふれる愛情

リンカーンへのあふれる愛情

一緒にすくすく成長

リンカーンはケオラと共に成長しました。そして気がつけば彼はすでに1歳になり、ケオラとリンカーンの間にある愛情はもはやお互いに切り離せないものになりました。2人は何時間も一緒に遊び、一緒に散歩をしたりお互いに寄り添い続けました。2人の非常にユニークで特別な絆は、誰から見ても明らかでした。アルハンナとリッキーはこの2人の赤ちゃんを、本当に愛らしく誇りに思っていました!

[caption id="attachment_7423" align="aligncenter" width="649"]一緒に成長 一緒にすくすく成長

みんなで楽しい散歩

「犬は人間の親友」ということは昔からよく言われていますが、まさしくケオラとリンカーンは大親友でした。二人のお気に入りは近所の公園で長い散歩をすることです。アルハンナとリッキーがリンカーンのベビーカーを押しているとき、ケオラは大親友リンカーンの周りを絶え間なくうろつき一緒に歩きました。さらに愛らしいことにケオラは毎日かかさず散歩の時間を知らせてくれました。アルハンナががリンカーンの身支度を始めるたびにケオラの興奮で喜びました。

楽しい散歩

みんなで楽しい散歩

お昼寝の時間も一緒

もちろん赤ちゃんと犬にとって、外での長い散歩は大変疲れるため、散歩から帰るとケオラとリンカーンは必ず昼寝を一緒にしました。犬とあかちゃんが一緒に昼寝する光景は愛らしいものでした。特にこのケオラとリンカーンの眠る姿はアルハンナとリッキーを幸せにしました。二人が特別な絆で結ばれているのはアルハンナとリッキーにもよくわかっていました。二人は特別な愛情と友情で結ばれました。

お昼寝

お昼寝の時間も一緒

名誉犬ケオラ

アルハンナは、ケオラこそが彼女とリンカーンの命を救った英雄だと信じていました。それはどうやら周囲の人間にとっても同じでした!そしてケオラの活躍は急速に噂で広まり、やがてケオラは、RSPCA(王立動物虐待防止協会)から”動物ヒーロー賞”にノミネートされました。ケオラ、アルハンナとリッキーは授賞式に出席し、ケオラは賞を受賞しました。そしてもちろん他にもたくさんの犬が、たくさんの栄誉を受けました。実際に、ケオラがアルハンナとリンカーンを救うために取った行動は、名誉を与えられるに値する以上のものでした。

ケオラの名誉

名誉犬ケオラ

全てを物語る笑顔

名誉犬ケオラは、毎日毎日、小さなリンカーンを笑顔にさせます。彼の笑顔はとろけるようにい甘く、何事にも変えられないものです。この大親友の2人の間にある絆は永遠に続くものでしょう。リンカーンはまだ赤ん坊ですが、ケオラとの特別な絆については小さいながらも理解していました。また、彼らの絆は成長と共に更に強まりました。もしケオラがアルハンナに対して異常を警告しなかったならば、この幸せな家族がどうなっていたのでしょう。さらに究極にはアルハンナとリンカーンが今ここにいるのかもわかりません。現在アルハンナとリンカーンが元気なのは本当にケオラのおかげです。この写真に写っている笑顔が、その全てを物語っています!

全てを語る笑顔

全てを物語る笑顔

広告