可愛い動物の赤ちゃん40種を紹介します!見ているだけで誰もが癒される動物の赤ちゃんの生体もなども紹介します。

出版元 05/17/2021
広告

誰しもがかわいいのと感じるのは当たり前の反応だと思います。赤ちゃんを見て怒り狂う人はいないと思います。また動物の赤ちゃんは人とは違い、その魅力は万国共通の事実です。どんな種類の動物の赤ちゃん無邪気な姿を見せてくれています。ここではかわいい赤ちゃん動物40種をご紹介します。

ハリネズミの赤ちゃん

丸い体に小さな手足が出ていて、可愛い表情もプラスになって、思わずわぁ!と声が出てしまう人も多いでしょう。動物界ではハリネズミの赤ちゃんの事を「ホグレット」と呼ぶのですが、ハリネズミの赤ちゃんは鳴き声がとても可愛いのです。ハリネズミの羽毛はヤマアラシのように、体から出ていないので、痛くなく刺さったりはしません。安心して抱きしめても大丈夫です。危険な状態になったときには、この羽毛で丸くなって外敵から身を守ります。

Baby Hedgehog

ハリネズミの赤ちゃん

ベビードルフィン

イルカは神秘的で魅力的な生き物で人との関りも多い動物ですね。イルカの生態は子宮の中で後肢を発達させ、生まれる前に後肢が引っ込んで消えてしまうのです。これは、もともと4本足の陸生哺乳類から発達したことを示しています。イルカは海の生き物の中でも遊び方に特徴があります。サーフィンをして波に乗ったり、バブルリングを作ってくちばしで回転させたり、言葉こそ発しませんが、会話でもしているかのような遊びをしたり、噛んでバラバラにしたりすることが記録されているのです。

Baby Dolphin

ベビードルフィン

ハムスターの赤ちゃん

わずか3週間の妊娠で、母親ハムスターは一度に6匹から20匹のハムスターを繁殖させる力を持っているのです。ハムスターはほかの動物の赤ちゃんと違って裸で生まれ、生後14~17日目になってようやく目が開き始め、やっと視覚が発達します。出産中や出産後に母ハムスターがストレスを感じてしまうと、自分の赤ちゃんを捨てしまったり、赤ちゃんを食べてしまったりすることがあるのです。

Baby Hamster

ハムスターの赤ちゃん

カンガルーの赤ちゃん

カンガルーの赤ちゃんは、産まれてすぐはお目にかかることはできないでしょう。その生まれ方もカンガルー特有なのです。体長1センチ、体重1グラムにも満たない小さなカンガルーの赤ちゃんは、母親のお腹にある袋の中で、未熟な発達段階で生まれてきます。すぐに乳を吸い始め、数週間かけて少しずつ袋の外で過ごす時間が増えていき、生後7〜10カ月で完全に旅立つことができるようになるのです。カンガルーの赤ちゃんは「ジョイ」と呼ばれていて、とてもかわいい赤ちゃんです。

Baby Kangaroo

カンガルーの赤ちゃん

猫の赤ちゃん

この小さなペルシャの生まれたての可愛い子猫をご覧ください。この大きなぱっちりの目、小さな手、そして大きな頭、コロコロの体!これ以上に愛らしいものがあるでしょうか?まるでぬいぐるみのような可愛さ!家猫は私たちの生活の一部となっているので、このふわふわした可愛い赤ちゃんたちには最低限の紹介しか必要ないでしょう。このリストの中で、犬以外で最もわかりやすい子猫を、ひたすら癒され、可愛さを堪能してください。

Baby Cat

猫の赤ちゃん

アカエイの赤ちゃん

この平べったい奇妙な海の生き物は、鳥のように海の中を泳ぎまわり、ヒレをバタバタさせたり、体全体をしなやかに動かし、海の中を遊泳しています。目は体の下にあるので、嗅覚と感電器を使って餌を探すのです。大人のアカエイはあまり愛嬌のある動物ではないので人気こそあまりありませんが、アカエイの赤ちゃんがこんなに可愛いのには驚きました。ご覧ください。

Baby Stingrays

アカエイの赤ちゃん

リスの赤ちゃん

生きている子リスを見られる機会が増えるのは、とても嬉しいことです。なぜなら子リスは7〜8週間で離乳すると巣立っていくのです。普通は遠くに行くことはなく、家から2マイル以内の場所で活動します。灰色リスはよくドングリを埋めて、どこに置いたか忘れてしまって、誤ってオークの木を植えてしまうのです。リスは、南極とオーストラリアを除くすべての大陸に広く生息していると言われている動物の一つなのです。

Baby Squirrel

リスの赤ちゃん

ブタの赤ちゃん

子豚は母親の声に合わせて走ることを覚えていき、生後2週間で自分の名前を認識するようになると言われています。また、母豚は授乳中の子供に「歌」を歌い聞かせるといわれることもよく知られています。私たちは、この幸せな子豚の赤ちゃんが歌を歌う機会に出会いたいものですね。この子豚の愛らしく愛くるしい笑顔をご覧ください。

Baby Pig

ブタの赤ちゃん

ナマケモノの赤ちゃん

彼らの愛らしさを理解することは難しいと思う人も少なくないかもしれません。ご存じの通り、ナマケモノの動きはとてもゆっくりしているので、ナマケモノの赤ちゃんは、完全に毛が生えそろった状態で生まれてきて、生まれてすぐに母親の毛皮に登ったりしがみついたりすることができるぐらいしっかりしているのです。ナマケモノは食べるのも動くのも何をするのにもとてもゆっくりで、ほぼ一日中木のうえで過ごします。移動したとしてもせいぜい隣の木に映るくらいの行動範囲ですね。

Baby Sloth

ナマケモノの赤ちゃん

ベビークロコダイル

ワニは地球上で最も古い種の動物の一つであり、恐竜の時代から存在しているのです。卵の中からクロコダイルは生息を始めるのですが、赤ちゃんが生まれるときにオスかメスかは、巣の温度で決まるのです。非常に危険な捕食者が、愛らしい赤ちゃんからスタートした好例は、今よりずっと昔のことになります。生まれた後のワニの子供時代は危険で、99%のワニの赤ちゃんは残念なことに生後1年で大きな生き物に食べられてしまい大きく成長できるのはごくわずかなのです。この子が無事に育ってくれてよかったです。

Baby Crocodile

ベビークロコダイル

犬の赤ちゃん

何の説明もいらないぐらいの子犬の愛らしさには誰もが心を奪われてしまいます。世界中には信じられないほどさまざまな種類の犬がいて、子犬はかわいらしい姿を見せてくれます。かわいい子犬リストのトップを飾るのは、このミニチュア・ゴールデンドゥードルです。

Baby Dog

犬の赤ちゃん

フェネックフォックスの赤ちゃん

小のキツネであるだけではなくて、この愛らしい生き物は、生まれ育った砂漠の厳しい環境中で驚くほど適応しているキツネです。耳の長さは6インチで、キツネは首を左右に傾け、砂の中の獲物の位置を特定するために大きな耳を使いまた、この耳は体の熱を逃がして砂漠を涼しくしてくれ、キツネの中でも最も美しいとキツネと言われ人気が高いのです。フェネックギツネはユニークな種類の動物です。

Baby Fennec Fox

フェネックフォックスの赤ちゃん

カメの赤ちゃん

大人のカメも子ガメも似ていますが、温度変化に敏感であることが子ガメと親ガメ違う大きな違いなのです。亀はとっても丈夫で、太陽の下で様々なベジタリアンフードの上に寝そべって、おやつを食べるのが大好きです。さて、この小さなカメの赤ちゃんが、自分とほぼ同じ大きさのイチゴを一生懸命食べようとする姿は、まさに「かわいい」の一言だと思いませんか。

Baby Tortoise

カメの赤ちゃん

チンパンジーの赤ちゃん

人間とチンパンジーは98.5%の同じDNAを共有しているのです。人間に似たような顔の構造はわかりやすく、あの歯のない巨大な笑顔は、私たちの子孫からほんの少しだけ進化した動物なのです。チンパンジーの赤ちゃんには、親近感を抱く方も多いのではないでしょうか?それは、チンパンジーが地球上のどの動物よりも人間に近い動物だからだと思います。チンパンジーは、遊びの中で愛情を示すために笑ったり、ハグをしたりと、表情があり、人間に似たような行動をとります。この子と一緒にハグをしてじゃれてみたいと思いませんか。

Baby Chimpanzee

チンパンジーの赤ちゃん

キリンの赤ちゃん

キリンの赤ちゃんは、生まれるときに6フィート(約3.5m)もの高いところから地面に落ちて、頭から着地するのです。でも大丈夫なのです!痛くないですし、キリンが最初に息を吸うことになるので、出産の過程で落下して頭から着地することも最も重要なことなのです。キリンは1時間以内に歩き方を覚え、歩くことができるスパー成長の速い動物なのです。キリンの赤ちゃんが生まれて最初のよちよち歩きをするのを見るのは、最高に可愛い瞬間だと思います。

Baby Giraffe

キリンの赤ちゃん

ベビータピール

タピールという動物をご存じだったでしょか?あまり知っている人は多くないと思います。その理由の一つとして、世界に3,000頭しかいない希少な外来種「バク」だからです。実物を見たことがある人は少ないでしょう。バクが一生に一度しか子供を産まないことと、関係があるかもしれません。なかなか一気に繁殖なども不可能で、濃い熱帯雨林の中でカモフラージュするために、体にこのような特徴的な模様をつけて身を守るすべをもって生まれてくるのです。ゾウとブタを掛け合わせたような奇妙な姿ですが、このバクの赤ちゃんは愛くるしいかわいい赤ちゃんだと思いませんか。

Baby Tapir

ベビータピール

カメレオンの赤ちゃん

カメレオンは171種もあり、大きさもいろいろで様々です。カメレオンが爬虫類の中でユニークなのは、卵から孵化するのではなく、生きたまま子供を産むことです。もうひとつの特徴の一つは、目が完全に独立して左右別々に動くことです。同時に2つの方向を見ることができるという事です。カメラのようにズームインすることもできるのです。私たちから見ても、とてもかわいいと思いませんか。

Baby Chameleon

カメレオンの赤ちゃん

ベビーアルパカ

この可愛いアルパカの赤ちゃんを見て下さい!ぬいぐるみのような姿で思わず声が上がってしまいそうな可愛さだと思いませんか?南米原産のアルパカは世界中に輸出され、その信じられないほど柔らかくてモコモコとした暖かいウールの需要が多く珍重されています。アルパカは社交的で優しく、好奇心旺盛な生き物なので、適切な訓練を受ければ素晴らしいペットになるはずなのです。心地よいセーターを提供してくれる、かわいい友達ができるなんて素晴らしいと思いませんか。ペットとして飼ってみてはいかがでしょう・・・

Baby Alpaca

ベビーアルパカ

フクロウの赤ちゃん

彼らは人間を愛しているようで、ときには愛しすぎてしまうこともあります。フクロウの赤ちゃんを手名付ける時には、フクロウの赤ちゃんが自分になつかないように、細心の注意を払わなければならないのです。フクロウの愛らしさの理由は、丸い体、ふわふわの羽、体に対して大きすぎる目などが特徴ですね。カモフラージュしたり、フクロウの人形のくちばしにピンセットを刺して赤ちゃんに餌を与えたりするのです。

Baby Owl

フクロウの赤ちゃん

ピグミーカバの赤ちゃん

コビトカバの赤ちゃんは、独特の表情をした小さな男の子のように見えませんか。彼は友好的なのです。カバは動物界で最も長い妊娠期間(8ヶ月)を費やし、一度に一頭しか出産しないのです。母親は、母子の絆が深まった数週間後には、他のメスのカバの集団に入って行って加わり、全員で協力して外敵から子孫を守る行動をとるのです。このコビトカバの赤ちゃんは別の母親を見つけたようで、一目散に走って、とてもかわいいと思いませんか。

Baby Pygmy Hippo

ピグミーカバの赤ちゃん

カモノハシの赤ちゃん

カモノハシは、タスマニアを含むオーストラリア東部に生息する半水生の産卵哺乳類です。カモノハシは、カモノハシ科・カモノハシ属の唯一の現存する代表的な動物なのです。子供が描いた空想上の動物のように見えますが、実は本物で実際に生息している動物なのですよ。このかわいい子をご覧ください。この子はカモノハシと呼ばれる動物で、あまり馴染みのない方には「アヒル口カモノハシ」とも呼ばれていますよね。

Baby Platypus

カモノハシの赤ちゃん

ベビーバイソン

アメリカバイソンの子牛は、生まれたときの体重がなんと30〜70ポンドもあるのです。子牛は母親だけでなく、群れ全体から守られています。大人のバイソンが野生で生きる期間は約14〜24年であることを考えると、この子はまだこれからで始まったばかりと言ってもいいでしょう。このバイソンの赤ちゃんは、今日はもう夢の中のようですね。他の群れに負けないよう一生懸命に走っている姿を見てください。

Baby Bison

ベビーバイソン

ゴリラの赤ちゃん

2018年9月28日、フロリダ州のジャクソンビル動物園とガーデンズで、22歳のクンブカから生まれた体重5ポンド弱のこのかわいい赤ちゃんを見て下さい。チンパンジー、サル、ゴリラのどこがいい?と聞かれても答えが難しいですが、このかわいいぬいぐるみのような小さなゴリラの赤ちゃんは、本当にたまらない可愛さですよね。涙が出そうなほど小さく・・・生まれたときには人間の赤ちゃんよりもずっと小さいのですが、あっという間に大きく成長していきます。

Baby Gorilla

ゴリラの赤ちゃん

ベビーオカピ

このような動物がいたことを今日まで知らなかった人も多いかと思います。写真は、フォレストキリンと呼ばれるオカピの赤ちゃんです。中央アフリカのコンゴ民主共和国北東部が原産で、偶蹄目の哺乳類です。意外なことに、キリンに最も近い動物と言われて、オカピにはシマウマを思わせる縞模様があります。しかし、キリンに近いのです。オカピはめちゃくちゃかわいいというのが何よりもの事実ですね。

Baby Okapi

ベビーオカピ

ゾウの赤ちゃん

ゾウは生まれてから1~2時間で歩けるようになると言われていますが、この子は足の使い方に慣れてきたところで、とてもいい仕事をしているのです。そして、2日後には他の群れに合流できるほどの体力を身につけます。あっという間に大きくなります。それに比べて、人間の乳児は平均して12ヶ月頃からしか歩けませんよね。これは私たちが言う「急降下」です。もちろん、ふざけているだけなのですが・・・

Baby Elephant

ゾウの赤ちゃん

ベビーダック

このフワフワ感!決してぬいぐるみではありません。ご覧ください。この毛並み こんな可愛いアヒルちゃんを飼っていたら、どこにでも連れて行って自慢したくなりませんか?この子は多分、ある意味では治療しなければならないのでしょう。この子を2、3秒抱くと、心配事がすぐに消えていきそうです。アヒルのファンであっても、ファンでなくても、この目を見開いた可愛さがたまらないことは誰も否定できません!手のひらに乗るくらいの大きさですもの・・・

Baby Duck

ベビーダック

ベビーシール

実はアザラシの赤ちゃんは、北大西洋や北極海に浮かぶ海氷の上で生まれているという事実は、意外と知られていないのです。この子犬のような、雪のように白い被毛と、大きく輝く目で、これ以上ないほど可愛い赤ちゃんだと思いませんか。生まれたばかりの仔は脂身が少ないのですが、高脂肪の母乳で授乳することですぐに体重が増えていきます。体重が約80ポンドになると母親は授乳をやめてしまい、アザラシの赤ちゃんは、食事をしなくなってから約6週間後には、自分で狩りをするようになり立派に成人として自立するのです。たくましい教育方針だと思います。

Baby Seal

ベビーシール

 

広告