アメリカの秘密国家ジェット機、エアフォースワン。今その隠された秘密が公開されます!

出版元 03/15/2021
広告

アメリカの秘密国家ジェット機、エアフォースワンは未だ一般市民にはあまり知られていません。大統領などが使用するアメリカ政府所有のジェット機ですが、このジェット機の情報は国家機密でガードされています。一般には情報公開されていません。代々の大統領が機内を過去に案内したことがありますが、ほとんどの国民はエアフォースワンがどのようになっているか知りません。エアフォースワンは一体どんなジェット機でしょうか?

スピードと高度

エアフォースワンは時速700マイルの速さで、普通の旅客機よりも高く飛ぶことが出来ます。約45000フィートの高さは通常の旅客機より1万フィート高い高度です。

Speed And Altitude

スピードと高度

地面に着地しない

エアフォースワンは地面につかなくても支障ありません。なぜなら永遠に飛ぶことが出来るパワーを持っているからです。3000ガロンの燃料タンクを内蔵しています。この燃料タンク量はジェットの中でも最大と言われています。

Air Force One Needs Not Touch Ground… Ever

地面に着地しない

二つの機内レストラン

エアフォースワンの機内には二つのレストランがあります。キッチンにはすべて必要なものが備え付けられていて、食べ物も常備されています。もちろん選別されたシェフが働いていて100人までの料理を出すことが出来ます。ジェット機に乗っている大統領とゲストは基本的に何でも好きな物を注文できます。

Air Force One Comes With Two Restaurants

二つの機内レストラン

備え付け電話

エアフォースワンには85台もの電話が備え付けられています。全て直通電話なので、ジェット機内は大統領にとっては一番プライバシーが守られている場所ともいえます。むしろホワイトハウスよりセキュリティーがしっかりしています。従って、大統領は機密事項をジェット機で会議したり交渉したりすることが多いです。

An Abundance of Phones

備え付け電話

スパイカメラ

エアフォースワンにはスパイカメラが付いていると言われています。最高のセキュリティーカメラで何か不振なことが起こってもすぐ察知することが出来ます。素晴らしいテクノロジーで、空を飛んでいる間も常に監視可能です。す。1959年にエアフォースワンがスパイ行為に遭ってから特にセキュリティーを強化したようです。

Air Force One Is Equipped With Spy Cameras

スパイカメラ

プライバシーと家族の絆

エアフォースワンで空を飛ぶと完全にプライバシーが守られるため、大統領の恰好の職場です。そして同行する家族もこのプライベートな空間で長時間一緒に過ごすことによって、家族の絆が強くなります。部屋もたくさんあって、大統領の家族だけでなくプレスや関係者の家族も一緒に飛べます。

Frequent Flyers On Air Force One

プライバシーと家族の絆

家と同じ大きさ

このジェット機は、4000スクエアフィートの敷地と同じ一戸建ての家とほぼ同じ大きさです。ジェット機の中には会議室、オフィス、寝室、居間、トイレ、浴場と生活に必要なものは全て揃っています。しかも家具は高級家具でコーディネートされています。

Air Force One Is As Big As Some Homes

家と同じ大きさ

滞在可能な人数

エアフォースワンでは一度の旅で約70人が乗ることができます。70人までだと一人一人がゆったり滞在できるキャパシティーになっています。そしてその滞在客は大統領をはじめ、記者、レポーター、アドバイザー、シークレットエージェントたちが主流です。セントラルシートはもちろん大統領と家族のためにあります。

How Many People Can Stay In Air Force One?

滞在可能な人数

エアフォースワンの稼働費用

エアフォースの稼働費用は約一時間2千万円かかります。これは燃料費から従業員の給料まですべて含まれています。普通の旅客機と比べると、旅客機は一時間2百万円ぐらいです。サイズや設備はもちろんですが、エアフォースワンは稼働コストがとても高いです。前トランプ大統領は大統領就任当初、月10億ドルの旅費をこのジェットに使いました。

How Much Does Operating Air Force One Cost?

エアフォースワンの稼働費用

ホームランドセキュリティー発祥地

特に有名なのはブッシュ前大統領です。彼はエアフォースワンの中でよくホームランドセキュリティーの仕事をしていました。911のテロの時もブッシュ大統領は機内にいてドイツへ飛んでいる途中でした。そしてこのテロに対して空の上から政治的にたくさんの重要な歴史に残る決断が下されました。

The Birthplace of Homeland Security

ホームランドセキュリティー発祥地

核爆弾防御システム

このジェット機はホワイトハウスのオーバルオフィスのように核兵器防御システムが内蔵されています。核兵器に対する防衛に関しては地上でも空中でも変わりません。この機内にいること自体が核爆弾やミサイルから乗客の身を守ることが出来ます。

Air Force One Is Actually Resistant To Nuclear Attacks

核爆弾防御システム

大統領の到着前

通常の旅客機は到着地の空港は連絡を受け到着許可を待ちます。それは空港のスペースを一時間前には到着可能にする必要があるからです。一方、エアフォースワン到着通知は機内から全て自動でできます。大統領が到着する前、普通の旅客機のような外部サービスは必要ありません。

When The President Arrives In Town

大統領の到着前

乗り物酔いの問題なし

飛行機に乗ると揺れのせいで乗り物酔いする乗客がいますが、エアフォースワンは乗り物酔いに関して全く心配ありません。なぜならこのジェット機は揺れ防止装備が張り巡らされているからです。機内は全く揺れることはありません。完全に地上にいるのと同じ感覚です。万が一気分が悪くなっても、エアフォースワン病院もあり医者も常にいます。

Motion Sickness Is Not A Problem

乗り物酔いの問題なし

ジャッキー・ケネディー

エアフォースワンは元ケネディー大統領の妻、ジャッキー・ケネディーによってコーディネートそしてデザインされました。機内の内装全て、カーペットや食器なども彼女がすべて選びました。従って機内は彼女のテイストが施されています。今ではリニューアルされていますが、彼女が選んだオリジナルの家具などはオハイオ州のUSAF博物館に展示されています。

Styling By Jackie Kennedy

ジャッキー・ケネディー

コマンドセンター

エアフォースワンに内蔵されている機器はまるで芸術品のようです。サテライトから電波を引っ張っているので、実は地上より電波が良好です。ジェット機防御設備については最高レベルの設備が備え付けられています。未だエアフォースワンコマンドセンターのフル装備そして全ての機能は公表されていません。

An Airborne Command Center

コマンドセンター

レーガン大統領とジェリービーンズ

レーガン大統領はジェリービーンが大好きで、ジェット機に常にジェリービーンズを置いていました。ジェリービーン大統領というニックネームで呼ばれていたほどです。実はレーガン大統領が小さかった頃、ホワイトハウスのツアーをしている時に初めてジェリービーンズをもらって以来、彼はジェリービーンズの大ファンになったそうです。

How

レーガン大統領とジェリービーンズ

エアフォーススリーのミステリー

実はエアフォースには2機の子機といえる予備ジェット機が存在しています。大統領がエアフォースワンで空を飛ぶ場合は、常に一台のエアフォースジェット機も一緒に飛ぶみたいです。それはきっとエアフォースワンを完全護衛、バックアップするためでしょう。しかし政府はこれを秘密事項にしているので公には公開していません。

The Mysterious Case of Air Force Three

エアフォーススリーのミステリー

ブッシュH.W大統領

エアフォースワンにはこんな面白いエピソードがあります。何とブッシュH.W大統領はブロッコリーをホワイトハウスからエアフォースワンによく持ち込んでいたそうです。そして彼の食事には必ずブロッコリーが出されていたみたいです。そしてもちろん大統領が変わるたび、機内食も変わるそうです。

President Bush Sr. Outlawed A Vegetable

ブッシュH.W大統領

フォード大統領

フォード大統領はおかしな物をエアフォースワンに持ち込んでいたそうです。彼はよくクアーズのビールを持ち込んでいたと言われています。その頃、ほとんどの州でアルコール飲料一般、クアーズのビールを購入するのは禁止されていたので、今考えてみると法律違反を犯していたと言えるでしょう。大統領と言えども大胆な行為した。

You Won’t Believe What President Ford Smuggled Onto The Plane

フォード大統領

トランプ大統領の私用ジェット757

トランプ大統領の私用ジェット757機はエアフォースワンより大きいと言われています。以前、ディスカバリーチャンネルで彼のジェットを案内するドキュメンタリー番組が放映されたことがあります。世界で最も贅沢なジェット機でエンジンはロールスロイスと同じもので43人まで滞在できるそうです。

Air Force One Vs. President Trump's Private 757

トランプ大統領の私用ジェット757

最高の防御設備

エアフォースワンの防御設備は核兵器も免れることが出来る最新そして最高の防御設備を備えています。機内はまるでアイアンドームと同じ状態です。普通旅客機、747機分の防御設備が備え付けられています。それだけこのジェットに乗る人たちの命が大切だからです。この世で起こりうるどんな最悪な状態にも対応できるようにしています。

A “Doomsday Plane”

最高の防御設備

巨大な要塞

このジェット機にはもちろん巨大な要塞が設備されています。すべての窓も防弾装備がついていて、銃弾が飛んできてもジェット機が破損することはありません。ジェット機を乗り降りする際の階段でさえも、防弾装備されているので、階段でしゃがむと銃弾に当たることはありません。この世でセキュリティーとプロテクションは最上級です。

A Massive Fortress In The Air

巨大な要塞

あらゆる場所に設置されているテレビ

機内には20台のテレビが内蔵されていています。それはジェット機内のどこでいてもニュースやすべての番組をどこからでも見ることが出来るようにするためです。これは大統領というストレスを抱えた仕事を潤滑にできるように配慮されているためです。大統領はたとえ空の上でも、世の中で起こるニュースがいつでもどこでも迅速に察知し、国際事情をいち早く把握しなければいけません。大統領の職務をサポートするためにこれだけのテレビが内蔵されているのでしょう。

TV’s Are Everywhere

あらゆる場所に設置されているテレビ

エアフォースワンの年齢

エアフォースワンはレーガン大統領の時代に購入されました。最初のジェット機は747-200B機でしたが、長年内装を改造し続けました。1990年代、ブッシュ大統領の頃から頻繁に使用されるようになりました。今では当初の747-200機は製造停止になったので、もっと最新のジェット機が使用されています。従って機体は比較的にまだ新しいジェット機だと言えるでしょう。

Air Force One Shows Its Age

エアフォースワンの年齢

部品の交換

ジェット機のメンテナンスにおいて、初期のころから現在までエアフォースワンは修理のため、色々な部品が交換されてきました。しかしこの高性能ジェット機に合う部品はかなり稀なので、部品自体を探すのがとても大変です。オバマ大統領の時代には部品を二つ変えています。そしてその修理代は30億ドルかかったと言わています。次回の最新のメンテナンスサービスは2024年に実施されるそうです。

Out With The Old

部品の交換

高品質の冷蔵庫内蔵

エアフォースワンは前回の内蔵品の交換の時、新しい冷蔵庫に交換したようです。もっと驚きなのは冷蔵庫の値段です。一台12億ドルかかったらしく、それらは一体どんな冷蔵庫なのでしょうか?一体どんな機能がついているのでしょうか?それらの高級冷蔵庫は70人以上の乗客を何日も食料供給するキャパシティーと、食料を常に新鮮に保つ特別機能が内蔵されているそうです。これらの冷蔵庫は約3000食を保存することが可能だそうです。

Only High-Quality Fridges Aboard

高品質の冷蔵庫内蔵

広告